CONTENTS
院長より
診療案内
院内設備
当院の診療方法
治療の予備知識
患者さんのQ&A
レントゲン写真やMRI、
CT検査でどこも悪くないと
言われた。でも痛い!なぜ?


ひざにたまった水を抜くと
くせになるってほんと?



何も悪くなるようなことを
していないのに痛くなるのは
なぜ?

>> PART1
>> PART2


痛い時は冷湿布?
それとも温湿布?


生涯、得する話
施術料金表
アクセス
お問いあわせ
TOP

- 患者さんからの質問&疑問
















もちろん動かないほうが大変です。

何故でしょうか?



静止している状態では、一見筋肉を使っていないように思われますが
深部の筋肉(インナーマッスル)をずっと収縮し続けていることにより
姿勢を保持しているのです。

もし全く筋肉を使っていない状態だとすれば体を支持することが
出来なくなりその場で倒れてしまいます。


一方の歩き続ける場合というのは、適度に筋肉を使う(伸ばしたり
締めたり
)ためポンプのような役目をして絶えず血流も良く、老廃物も
排出してくれます。








食器を洗う時は左手には食器が動かないように保持固定します。
そして右手で動かして洗います


これも先程の例えと同じで
保持する筋肉 と ダイナミックに動かす筋肉
とに分かれます。







日常生活のよく使うという部分においてはダイナミックな動きの方を
皆さんは意識されるようですが、上記の例えによりある程度理解して
頂けるかと思います。


その保持する筋肉とは具体的にどのようなものか?
     (インナーマッスル)


ススム




筋肉には通常同じ働きをする大小2種類の筋肉が備わっています。



なぜ同じ働きをする筋肉が二つも必要があるのでしょうか?




自動車を走らせるには何種類かの大小のギアがあることは
周知のここと思います。

走り始めはローギア
加速するにつれハイギアに入れ替わってゆきます


人間の体も、それと同様に動かしはじめはインナーマッスル。
加速がつけばダイナミックな動きをする筋肉と自動的に切替って
ゆくわけです。

ですから、あまり動かさなくても体を一定姿位に保持し続けている時は
インナーマッスルが収縮したままで、血液が入れ替わるポンプの役割も
あまりせず、血行不良の状態で働き続けているため、知らずのうちに
筋肉が疲労し、それが痛みとして発せられるのです。





Copyright © Yoshida Bonesetting Clinic All Rights Reserved.