CONTENTS
院長より
診療案内
院内設備
当院の診療方法
治療の予備知識
1. 初めての治療後・・・
2. 痛い部位を触ると・・・
3. 治療後は楽だけど・・・
4. 自覚症状が消えても・・・
5. 慢性疾患とは・・・
6. 体は非常にデリケート
7. 私の手技療法とは・・・
8. 治療回数について


ちょっと為になる話
シャワーのみはよくない!
患者さんのQ&A
生涯、得する話
施術料金表
アクセス
お問いあわせ
TOP

- 当院の治療の予備知識



人間は体を鍛えれば、強靭な肉体を造り上げる事が出来ます。
しかし、一度故障しますと、その部分が弱くなるのは、皆さんご存知だと思いますが、
一度受傷した部分に対して早い時期に適切な処置を施すと、回復は早いですが、
逆に患部に対して悪い処置(自分で良いと思っていても)や、何の処置もせずに
放置したまま使いすぎたりしますと、より一層悪化し、こじれて来て、極端に治りが
悪くなります。

例えば、軽い風邪を引いた時に無理をせずに、よく睡眠を取り栄養のあるものを
摂取すると回復は早いですが、無理をしたり、寒い所に一日中居たり、夜更かしを
して睡眠不足になると、こじれるのは、当然のことで、何倍もの治療期間を要します。

それと同じで、外傷も内科的疾患と同じ体の細胞から成り立っていますから、何ら
相違はありません。捻挫でも、こじれると慢性になり、治療せずに放置すると、
何十年も治らない患者さんもおられます。逆に、骨折でも適切な処置をして
骨癒合(骨がくっつく事)する期間だけで治る患者さんもおられます。ですから、
病名だけで治療期間を判断するのも早計です。



Copyright © Yoshida Bonesetting Clinic All Rights Reserved.